DMの印刷に困ったときに使える機器の特徴

DMはサービスの案内や集客にとても便利な手段で多くの企業やお店が活用しています。新聞の折り込みチラシやポスティングされたものと違い、ダイレクトに届くので受け取った側も特別な感じがし、メッセージ性が高く感じられます。E-mailなどを活用する方法もありますが、一般的には紙媒体(はがきや封書)で作成し送っていることが多いです。用途に合わせたサイズ、形式にすることが開封率を高めるポイントです。そんなDMは業者に依頼すれば簡単に作成できますが、印刷枚数が少なめであれば自作することもできます。DMによく使用されている圧着はがきも、インクジェットプリンターに加え、ラミネーターがあれば簡単に自作できます。圧着はがきはふつうのはがきの2倍以上の情報量が載せられるので、PRもしやすくおすすめです。

こだわりデザインのDM印刷にも対応できる

DM作成のポイントは、形式に加え、デザインも大切です。こだわりのデザインがあり、自作が容易にできるのであれば、デザイン料分だけコストカットが実現できます。デザインは印象に残れば残る程、集客につながります。印象に残るDMを作るには印刷の仕方を工夫してみましょう。ネットでDM業者に印刷を依頼すればどんなデザインも叶いますが、変形デザインなど、こだわりが強いほど単価が上がってしまうので自作もひとつの手です。また、宛名面の印刷においてもプリンターとソフトを使用して簡単に作成できるので、外部に個人情報を出すことなく容易に定期的な発送ができます。DM作成に適したプリンターも出てきており、高速印刷やカット用紙への印刷ができる優れものもあります。これらのインクは低コストであり、余計なコストをかけずに社内で制作できるのはうれしいです。

高性能機器を用いて圧着DMも自作印刷が可能。

DM印刷に適したプリンターを使えば、急なDM作成の場合にもすぐに対応できるのがうれしいです。はがきや封書はもちろんのこと、カードサイズのものにも対応できるので、DM以外の用途にも活用できます。DMで定評のある圧着はがき作成もメールシーラーという機械を使うことで、容易に量産も可能です。これまで封書DMで作成していたものを自作の圧着はがきに変えれば、封緘作業や郵送コストも削減できるのでおすすめです。メールシーラーには量産が可能なコピー機サイズのものからコンパクトな卓上サイズまであり、用途や発行部数に応じて選べます。もしも外注に出していたDM印刷を自作に切り替えるのであれば、細かな印字とすばやい印刷が可能なプリンターと発行する部数に応じたメールシーラーの機種を選択しましょう。