DMにアンケートを印刷して効果的に回収する方法

DMは会社のマーケティング戦略の一つとして根付く利用されています。企業間だけでなく各家庭にも届くDMはセール情報や新商品等の情報を既存客に知らせる一つのツールとして今尚多くの企業が利用しています。インターネットが普及する時代の中で、ひと昔前と比較し、DMを活用する企業が減少してきました。DMは少なからず効果があるものの、メールなどと比較しても印刷代や、郵送代がかかってしまうため、効果に対する経費が大きいことが懸念されているのです。多くの企業がメールやインターネットを活用してマーケティング戦略を行うことが多くなってきました。しかしながら多くの受信メールの中から1通のメールに目をとめてもらうことは非常に難しいものです。そのためDMを活用する企業が減っている今の時代だからこそDMによって効果をあげられる可能性が高くなっているといえるのです。

DMを印刷するためのおすすめの機器とは

DMを活用したいと考えた場合、多くの企業は専門の業者に依頼することがほとんどです。これは大量のDMを社内で印刷するとインク代や人件費などのコストがかさんでしまうためです。しかしながら、既存のお客様のみにDMを送りたい場合など少量のDMで済む場合は業者に依頼すると高くなってしまう場合もあります。特に小規模の企業があればあるほど、社内で作成することをおすすめします。自分でDMを作成する場合、まずはプリンター機器が必要となります。よりキレイに印刷したい場合はインクジェットプリンターがおすすめです。また最近ではWi-Fiを使ってタブレット端末から直接印刷することができる機器もあり、手軽にDMのデザインを作成し印刷することができるためおすすめです。またプリンターの中にはパソコンで画像処理を行わなくてもハガキに合うよう画像を処理できる便利な機能が搭載されているものもあります。

DMの効果を上げる印刷方法とは

DMの効果を上げるためにはその印刷方法に注意を払わなければなりません。例えばただ単に印刷されただけのDMは多くの人が見る価値がないと瞬時に判断してしまい、目にとまることがありません。小規模の企業であれば特にその顧客だけに対する一筆を添えると、自分のためだけに用意されたDMと実感できれば反応してもらえる可能性が高くなります。DMにアンケートを印刷し、顧客の行動や、心理などの統計をとる場合、アンケート項目が多すぎると面倒だと感じる人が多いため反応が薄くなってしまうため注意しなければなりません。またアンケートのよる統計をとりたい場合は、賞品やクーポン券などの特典を用意することでより多くの反応を得られることが多いため、こうした特典を用意し分かりやすく印刷することをおすすめします。