機器の特徴を知って効果的にDMを印刷しよう

DMを作成し、印刷をする場合、様々な印刷方法が存在します。そして、印刷機器にも様々な機器が存在します。印刷の分類は、大きく2つに分かれます。1つは、機械方式による印刷と、印刷目的による印刷です。機械方式による印刷には、オフセット枚葉印刷、オフセット輪転印刷、グラビア印刷、フレキソ印刷、活版印刷、スクリーン印刷などがありますが、DMを印刷する場合、グラビア印刷が適しています。雑誌のグラビアページなどに使われる印刷方式で、版表面が非印刷部分の版式となっています。製版方法には、コンベンショナル法や網グラビア法などがあり、コンベンショナル法は、グラビア写真のような品質の良い印刷に適しています。そして、DMの印刷には、網グラビア法が適しています。DMを効果的に印刷するためには最適な印刷方法を選択することが重要です。

DMに適したバリアブル印刷の特徴について

DMを効果的に作成し、印刷する方法として、バリアブル印刷があります。一般的な印刷の場合は、全く同じデータのものを大量に印刷しますが、同じテンプレートの上に内容の違うものを1つ1つ印刷するのがバリアブル印刷で、可変印刷とも言われています。また、文字情報だけでなく、画像の差し替えやバーコード、QRコードの印刷も可能です。それによって、顧客の年齢層や家族構成、趣味などに合致したDM作成が容易になります。そのためバリアブル印刷を用いれば、一人ひとりに最適なDMをまったく手間暇かけずに大量印刷が可能です。例えば、飲食店のDMを作成する場合、子供向けのメニューと大人向けのメニューでは大きく感じが異なります。何種類もDMを作成するのは、手間も費用も掛かるので、バリアブル印刷が便利です。

カラーページプリンターを使うことで効果的なDMを印刷

効果的なDMを作成し、印刷したい場合、カラーページプリンターを使用することをお勧めします。また、DMの場合、ハガキサイズだけでなく、封筒に宛名を印刷する場合もありますので、封筒印刷にもカラー対応しているカラーページプリンターが良いです。昨今、個人情報の保護が叫ばれていますので、宛名印刷は外部に頼むのではなく、自分でと思っている方も多いです。ハガキ、封筒両方に対応している機器が必要です。キャンペーンやご優待など、DMは定期的に出していきたいと思っている企業も多いですので、宛名書き業務は効率化を図りたいため、宛名書きのソフトに対応している印刷機器がお勧めです。その他、長尺用紙にも対応しているなど、多機能を備えた危機だと、様々なDMの印刷に対応できるのでお勧めいたします。