印刷後の効率的なDM配布の具体例

DMとはダイレクトメッセージの略であり、最近ではSNSでもよく使われているのを見かけます。通常はポストに印刷されたものが投函されるタイプのDMを想像しますよね。それらは企業などが新商品の案内や店舗情報などを印刷して投函してくるものであり、ポイントカードの発行などで得た個人情報が活用されています。自分が会員登録しているお店からのものがほとんどですので、興味があるものとして送られます。中には有益な情報もありますので、興味がある場合は必ず見るようにしましょう。では、SNSでのDMはどのように使われているのでしょうか。SNSは基本的には誰でも閲覧する事ができます。その為、個人情報が含まれていたリ拡散したくない場合に、送信ユーザーと受信ユーザーのみが見る事のできる非公開メッセージとして利用されています。

DMはダイレクトメールなのか、ダイレクトメッセージなのか

SNSではダイレクトメッセージとして使われているDMですが、通常はダイレクトメールの略として利用されています。先述した通り、企業が個人あてに送るものであり、新商品の案内を印刷したものやカタログが同封されています。わかりやすいのは、通販で一度購入すると定期的にカタログが送られてきます。それも、DMです。通販なので店舗に行かなくても購入できる反面、カタログが無いと購入できないのがデメリットですが、DMのおかげで解消されています。尤も、現在はインターネットの普及もあり、ネット通販と呼ばれる程、通販もネット化しています。しかしそれでも、紙のカタログは重宝される傾向にあり、企業もそれに従って送付しています。ネットでの注文者が多い場合に限っては、紙のカタログを廃止している事もあります。

DMを印刷する機器と配布方法のご紹介

では、ネット化している現在において、DMは進化しているのでしょうか。もちろん、最新機器もあります。DMを印刷する上で、目を惹くものである事が重要になります。受け取った人に興味を持ってもらわなければ、送付するだけ損になってしまいます。また、印刷したものをひとつひとつ折るのではなく、機械にお任せになっています。かなりの時間短縮になりますね。更に言えば、封入作業も機械でできる時代になっています。大きさもさまざまに対応しており、便利です。さてそれでは、印刷したDMの配布方法を見ていきましょう。通常は入手した顧客データを駆使してポスト投函が多いです。前述の通り、会員登録したお店やクレジットカードの顧客情報から、という場合もあります。いずれにしても送付先の個人が興味のあるものを、という事で送られてきます。中には近所に直接投函するという方法をとる場合もあります。