ここがよかったサービスデスク利用の事例

サービスデスク 事例

サービスデスクとは、顧客からのクレームの対応や自社のサービスや製品の情報を発信することです。企業の顧客対応の要となる存在です。サービスデスクを利用することでの事例としてメリットとデメリットがあります。メリットは業務の効率化をあげられます。IT製品に関する質問をお客様よりされた際、答えられるよう専門的な知識が必要となります。顧客に瞬時に対応できるようシステムをより理解しているスタッフを配置することが重要となってきます。コスト削減にもつながり利益にもつながります。お客様からの顧客満足度を上げることができます。お客様の混乱を招くという問題にも対応できます。仕事が効率的にできます。デメリットとしては、サービスデスクはお客様からの声を聞ける大切な部署です。社内で情報収集する必要があります。品質の低下が起こる恐れがあります。情報漏えいの危険もあります。また、多額の費用がかかる可能性もあります。

サービスデスクとはなにかという事例

サービスデスクを導入する前に企業が抱えている事例として、お客様に対応する課題があります。サポートが不十分なのでお客様の満足度が低くなってしまいます。提供するサービスが複雑になればお客様の要望が難易度になりがちです。既存のサポートでは適切な対応ができません。回答に時間がかかったり、回答までに複数の部署にたらい回しになったりしてしまいます。このような問題でお客様の満足度に影響してリピートが減少したりサービスの解約が起こったりしていました。サービスデスクを導入することにより情報の一元管理ができるのでお客様に早い回答ができます。そのためお客様の満足度は工場します。適切な部署への調査ができるのでオペレーションのコストを削減できます。情報の分析により社内の業務の効率化やサービスの改善に活用できます。サービスデスクの設置によってサポートセンターからお客様へ積極的な情報を発信することができます。

サービスデスクを利用することでのメリットの事例

サービスデスクを利用することによって様々なメリットやデメリットの事例がありました。お客様からの質問にすばやく答えられるよう様々な部署との連携によりたらい回しにならない情報の共有などです。お客様に満足してもらえるよう、また、業務の効率化によりコストの削減ができます。目指すべきサービスデスクは信頼されるサービスでお客様からの質問やクレームに対応することです。お客様からの質問やクレームを表面化し検討していきます。社内で情報を共有し、お客様からの要望に真摯に答えられるようしていくことが重要となっています。お客様がどのような要望をしているか調査し適切な案内ができるようにしていきます。オペレーターの高い知識を対応力で効率良くサービスを提供していく必要があります。お客様の要望を理解する必要があります。